ホームページの作成の思い出

ホームページの作成の思い出|イメージ画像

 ホームページを作成する仕事を本業の合間にする事が出来たら、さらに売り上げが伸びて本職とすることが可能であれば…みたいな事を考えてホームページの作成が本業に成れないか? 実際に自分で作ってみる事にしました。もちろん当時はまだHTML言語に関する知識は全くありませんでした。

 さらに、現状では常識となったCSSファイルも当時は一般的ではなく、最先端の知識と言う感じでデザインはテーブルタグを使うのが普通と言う時代でした。その時代に「ホームページ作成」に関する書籍を一冊買ってきて、書かれている通りにHPを作ってみました。

 すると一か月も経たない内に自分で考えていたホームページが出来上がりました。もちろん当時の技術と知識ですからデザイン的に褒められた内容ではなかったと思いますが、自分でも頑張れば出来るんだ!! と感じたのと同時に「ホームページって誰でもできる事なんだ」と勘違いして。

 だから、ホームページを作成する技術を持ってもほとんど意味がないよな、と判断、結局、ホームページを作成する仕事は無駄だと断定したのです。ゆえに当時はPC内だけでの空間でネットに公開した訳では有りませんが。この時に得られた基本知識がのちに役立つとは当時、全く考えていなかったのです。

ホームページを作る合間

ホームページを作る合間|イメージ画像

 ホームページを作る合間に息抜きにベランダに出て外を見ていると、ハトも嫌いなオスなら飛んで逃げれば良いのに、飛んで逃げる訳でもなく、付かず離れず、といった幹事に思えました。そんな風景を楽しみながら、今日も一日が始まります。

 本日のリンクです。下のほうに有るのでスクロールしてご確認ください。秘話…本当はop-600に入れようと考えていたんだけど、よく見ると違う方のリンクを入れていたので、急きょ、1300というページを作った、という秘話でした。秘話でもなんでもないか。

 あまりにも変った人からのメールが有ったので紹介しましょう。その方は私のメインサイトをご覧になって相互リンクの申し込みをされました。でも私のメインサイトには「相互リンクはまったく受け付けていません」と明記しています。

私のメインサイトを見て

私のメインサイトを見て|イメージ画像

 だから私のメインサイトを見て、相互リンクを申し込む人は無視します。私のサイトを良く見ていない証拠ですから。そんなよく確認もせずに申し込むような人とリンクしても意味がありませんから。これは私自身ポリシーをもって、相互リンクする相手を選びます。

 もちろん手順を踏んでいる方とは相互リンクに応じますけど、今回はちょっと変っていました。申し込まれた方のサイトは、ヤフカテ登録サイトでした。

 ここで何が変わっているかといえば、相互リンクに応じていただければ私のリンクページで紹介しますよ、と書いているのです。つまり相互リンクに応じない限りこのサイトからの紹介はないはずですよね。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります